ホーム > 交通事故に遭われたとき

交通事故に遭われたとき

交通事故など第三者の行為によるケガや病気での(被保険者の過失を除く)治療費は、加害者が負担すべきものですので、当組合は、一時治療費を立て替えするだけで、後からその治療費を加害者に請求することになりますので、負傷原因が第三者の行為によるものだった場合は、速やかに当組合に届出てください。

必要な提出書類について

  • 第三者行為による傷病届
  • 事故発生状況報告書
  • 念書
  • 交通事故証明書(自動車安全運転センターで発行される)
  • 組合員の身元確認書類※1(運転免許証またはパスポートまたは個人番号カード※2表面)
※1 身元確認書類は
郵送の場合はコピー可(最新の住所等が裏面に記載されている場合は、裏面のコピーも提出してください。)
※2 個人番号カードとは
申請することで交付される表面に氏名・住所・生年月日・性別・顔写真、裏面にマイナンバー(個人番号)が記載されたマイナンバー搭載のICチップ付のカード

注1)当組合への届出以前に示談が成立するとその取り決めの内容が優先されることがありますので、示談を結ぶ際は当組合に届出後、慎重に行ってください。

平成28年1月より申請書にマイナンバー(個人番号)の記入をお願いしております。マイナンバーを記入いただき、必ず本人確認を実施いたします。なお、申請の注意事項をよくお読みください。

個人番号の利用目的

当組合は、被保険者の個人番号を、番号法別表第1の第30項「国民健康保険組合法による保険給付の支給又は保険料の徴収に関する事務」において、適用、給付及び徴収業務で利用します。

ページのトップへ戻る